産毛の永久脱毛にアレキサンドライトレーザーは効果あるのか?

一般的な脱毛サロンで使われているマシンにはどのようなものがあるのでしょうか。
銀座の店で扱われている脱毛機器(マシン)は国産のものもありますから安心出来ますが、ヨーロピアンなど外国製を使っているサロンを敢えて選ぶ男女もいるようです。
今日では、海外で発明された脱毛機器を日本で生産し、日本で開発された機器は海外でも生産されています。
典型的な例は光脱毛ですが、今回はクリニックや医院で扱われているアレキサンドライトについて説明していきます。

 

アレキサンドライトレーザーというものは1997年に導入されたもので、広く一般的に用いられているレーザー脱毛と同じように照射することによりメラニン色素を破壊します。
シミやそばかすにも有効であるとされており、ニキビ治療や毛穴引き締めで美肌効果を得ることも出来るようです。
デメリットとして口コミなどでは産毛には余り効果がないと言われていますが、アレキサンドライトレーザーに産毛の効果はあると日本医学脱毛協会では言われていますので、個人差があるのだと思われます。

 

<カウンセリング段階で産毛の効果を尋ねる>
レーザー脱毛となりますから、医師の診察、説明がなければ受けることが出来ません。
産毛脱毛の効果を知りたい場合、カウンセリング時の段階で説明を受けると良いでしょう。

 

<メリットとデメリット>
メリットとしては日本人向けでレーザー脱毛の中では照射範囲が比較的広い方ですので、一度に施術を行うことが可能で短時間で施術を済ませることが出来ます。
美肌効果と時間短縮のストレスフリーが最大の特徴です。
痛みについては慣れるまではけっこう痛い、と口コミでは言われています。
輪ゴムで弾いたような感じ、と言われるのですが、それがどのレベルであるのかは個人差があります。
脇、一部位終了までの目安は、およそ2か月〜3か月に1回と間を空けて10回前後の施術が必要になりますので、1年から2年目に入る頃に脱毛が完了となります。
照射時間は両わきで10分程度と非常に短いのもメリットの1つです。